外壁塗装工事

外壁塗装工事の重要ポイント!!

外壁塗装工事の際、まずはじめにしっかりと工事を行わないといけないのが下地クラック補修や下地調整です。新しい仕上材を塗装する前に「改修工事.jp」のヤブ原産業で下地をしっかり仕上げしてから外壁塗装工事を行います。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

建物を紫外線による劣化や風雨による腐食から守るために施すのが外壁塗装です。
外壁塗装は、外壁に悪影響を及ぼす酸性雨や紫外線をブロックし、建物を長持ちさせる機能的な役割を果たします。一般的な外壁塗替えはおよそ7年~10年が目安ですが、建物環境や地域により多少前後します。
以下に塗替えの目安となる症状をいくつかご紹介いたします。

外壁塗装工事とは

建物を守るという機能の他に、外観を美しく魅せるデザイン的な役割もあり、美観を保つだけではなく、 資産価値を高める二次効果も併せ持ちます。

商業ビル施工実績共同住宅施工実績

外壁塗装の劣化チェック

1. 手で壁を触れると白くなりませんか?
手で壁を触れると白くなりませんか?

日のよく当たる場所に起きる現象で、
耐久性の塗膜劣化で発生する現象です。
粉が付くことからチョーキング現象とも言われています。

外装劣化調査の第一ステップともいわれています。
2. カビ・コケ・よくわからない汚れ等がありませんか?
カビ・コケ・よくわからない汚れ等がありませんか?

この症状もチョーキング現象と同様に、防水性がなくなることにより、汚れが壁や屋根に溜りやすくなった結果カビ・コケが発生します。
建物の美観が損なわれ、資産価値を大きく低下させてしまいます。

3. ひび割れが発生していませんか?
ひび割れが発生していませんか?

クラック、ヘアークラックとも言います。
外壁面によく見られ、下地の状態、材料の膨張、伸縮により発生します。
ひび割れは水が浸入することで更に割れが進み、最終的には壁が壊れます。

4. 塗装が膨れていませんか?
塗装が膨れていませんか?

塗膜の劣化、密着低下した場合にこの現象が発生し、ふくれた部分にも水が溜まります。
放置していくと膨れが広がり、塗装の剥落と建物自体にも悪影響をあたえます。

5. シーリングのひび割れと隙間がありませんか?
シーリングのひび割れと隙間がありませんか?

シーリングは建物の構造上大事な働きをしております。
しかし材質上経年劣化に伴うひび割れやチョーキング(粉化)は避けられません。
また、塗装した塗膜の防水性、耐候性を失った後に起きる現象とも言われております。
シーリング部分からの雨水の侵入は、大事な建物の寿命に大きく影響します。
近年では耐久性の優れたシーリング材なども開発されておりますので、早めの打ちかえをお勧めいたします。

改修工事.jpは、外壁塗装で
"建物の資産価値向上"
"安心の住まいづくり"をお手伝い致します。

塗装の種類は数多く、その機能もさまざまで、耐用年数も変わってきます。 外壁塗装施工の際は、塗装箇所を確認し、お客様のご希望予算を伺いご提案致します。建築仕上材・改修材料メーカーというプロフェッショナルの立場からご提案する以上、必要箇所をしっかりと判断し、適切な塗装材料で無駄のない施工をご提案致します。メーカーだからといって大規模塗装工事だけではございません。 小規模の戸建住宅塗装工事においても御対応いたしておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

まずは無料調査・無料診断!