未分類

アスベストの調査は必要?アスベスト調査義務化について様々なポイント徹底解説!

こんにちは、ヤブ原産業株式会社です。

今回は【アスベストの調査は必要なのか?】アスベスト調査義務化について把握してほしい様々なポイントなどについてお話していきます。

・実家の解体を検討しいるけれど、アスベストという怖い材料が含まれている可能性があると聞いて、怖い!

・自宅のアスベスト調査を受けてみたいんだけど、詳細や費用など詳しいことを把握したい!

という方に向けて、悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら【弊社ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロだから】です。
→埼玉・都内の防水工事の施工実績は改修工事.jpから

記事の前半では「アスベスト調査は絶対に必要!」について解説しつつ、記事の後半では「アスベストが使われている建材や調査の仕方、調査費用」などについて具体的に解説します。

アスベストという成分は、聞きなれていない方もいると思います。しかし、私たち人類の体に悪い意味で大きな影響を与えてしまう、物凄く恐ろしい成分です!

2000年以降、基準値をはるかに超えたアスベストが含まれている建材について問題視されるようになり、アスベストの件x材に含有している量に対し、一定のが含有量の基準を作りました。

建物の解体や改修工事の際にはアスベスト調査を必ず行い、適切な処置をした後に工事を進めることが大事となります。

調査なので費用が発生してしまいますが、アスベスト除去を工事をしないといけない場合は、厚生労働省より補助金も出ますので、補助金を上手く利用して少ない費用でのアスベスト対策としましょう。

この記事を読み終えることで、アスベストの危険性について把握することができ、適切な解体工事や改修工事ができるので人体に余計な影響を与えず済みます。アスベストというのは想像をはるかに超える危険性があるので調査は必須!について把握することができますよ。

アスベストについて気になっている方は、ぜひ、最後までご覧くださいね。

アスベスト調査は絶対に必要!

アスベスト調査は、絶対に必要です。

なぜ必要なのか、理由を以下にご紹介します。

 

アスベストは目に見えないだけ危険性が高い成分!調査は義務化!

アスベストという素材が含まれている建材を解体しても、アスベストは目に見えないものです。アスベストというのは、目に見えないほどの繊維の細かさです。

そのため、アスベストが浮遊していると知らず知らずのうちに吸い込んでしまいます。

 

アスベストを吸い込んでしまうと肺に入り、肺の組織に刺さってしまいます。刺さった時は気が付かず、15~40年ほどという長い間潜伏して静かに体内に潜み、いきなり肺がんや悪性中脾腫などの病気を発生させてしまいます。実際、アスベストを含んでいる建物のアスベスト調査をせずに解体し、肺がんや悪性中脾腫になった方は少なくありません。それだけ、アスベストというのは、人間に危険や有害性を与えてしまう、恐ろしいものです。

 

そのために義務化されたのが、「アスベスト調査」です。

義務化となっているので、回避することができない調査です。

アスベスト調査をせずに解体や改修工事を行う事は、自ら大病を発生させる原因を作っていることとなります。

 

アスベストの危険性を十分に理解して、アスベスト調査を行い安全に工事を進めましょう。

 

アスベストは想像をはるかに上回る猛毒素材!

アスベストというのは、わかりやすくいうと猛毒な素材です!

2006年まではアスベストが入っている建材の使用が許可されていましたが、アスベストは人体に重度の健康被害を与えるということがわかり、2006年を最後に建材の重さの0.1%を超えるアスベストが含まれて建材は、工事に使ってはいけないという決まりができました。

 

2006年以前に建設された建物には、アスベストを含んでいる建材を使っていることが当たり前でした。そのため、2006年前に新築工事やリフォームを行っている建物は、基準値よりもはるかに多いアスベストを含んでいる建材を使っている可能性が、十分に高いといえます。

 

特に、築年数が古い建物の場合はアスベストを含んでいる建材を多く使っていることが考えられます。そのため、アスベスト調査は絶対にしないといけません。

 

空き家の解体はアスベストに注意すべき!調査は必須!

近年空き家が多く存在しており、使う人がいないという理由で解体してしまうケースも多くあります。空き家のほとんどは2006年前に建設された古い建物ばかりです。そのため、建物に使っている建材はアスベストを含んでいるものを様々使っている可能性が考えられます。

 

アスベストを基準値以上含んでいる建物を解体してしまうと、アスベストを飛散させてしまいます。作業員をはじめご近所の方にもアスベストの影響を与えてしまい、健康被害を与えてしまう場合があります。知らなかったでは済まない話なので、建物を解体する際は、解体前にアスベスト調査を行わないといけません。

 

アスベストは建物の中でどこに使われている建材なのか

2006年以前に新築や改修工事をしている建物には、アスベストが基準値よりも高く含まれていると上記に記載しましや、しかし、建物のどの部分の建材にアスベストが含まれているのかを把握していないと、アスベスト調査を検討する意味がありません。

 

アスベストは、以下の材料に含まれている可能性が考えられます。

 

  • 吹付け石綿(断熱材)
  • 石綿含有吹付けロックウール(断熱材)
  • 珪藻土(外壁や内壁の仕上げ材)
  • 石綿含有保温材(断熱材)
  • 石綿含有耐火被覆板(耐火地域に使う建材)
  • 煙突用石綿含有石綿断熱材(煙突の断熱材)
  • 石綿含有フレキシブル板(軒天や外壁、内壁、天井などに使う板材)
  • 石綿含有スレートボード(軒天や外壁、内壁、天井などに使う板材)
  • 石綿含有スレート波板・大波・中波・小波(屋根や軒天、物置などに使う建材)
  • 石綿含有石膏板(天井や内壁に使う建材)
  • 石綿含有サイディング(外壁に主に使う建材)
  • 石綿含有セメント板(軒天や外壁、内壁、天井などに使う板材)
  • 石綿含有ケイ酸カルシウム板(軒天や外壁、内壁、天井などに使う板材)
  • 石綿含有吸音天井板(天井に使う吸音効果がある建材)
  • 石綿含有パーライト板(天井や内壁に使う建材)
  • 石綿含有パネル(天井や内壁に使う建材)
  • 石綿含有ボード(天井や内壁に使う建材)
  • 石綿含有壁紙(天井や内壁に使う建材)
  • 石綿含有ビニル床タイル(床に使う建材)
  • 石綿含有ビニル床シート(床に使う建材)
  • 石綿含有屋根用化粧スレート板(屋根に使う建材)
  • 石綿含有屋根下地ルーフィング(屋根の下地に使う建材)
  • 石綿セメント管(水道管などの導水管に使う建材)
  • 石綿セメント筒(換気の配管や煙突などに使う建材
  • 石綿ビニル管(水道管などの導水管に使う建材)
  • 石綿セメント円筒(水道管などの導水管に使う建材)
  • 石綿発泡体(外壁の耐火目地材に使う建材)

 

以上のように、アスベストというのは様々な材料に含まれていることがわかります。

 

2006年以前は、これらのアスベスト含有基準が高い材料を建物建設に使うことが許可されていました。そのため、これらのアスベスト材料に囲まれている建物に、お客様が現在住んでいる可能性も考えられます。建物にアスベストが多く含まれており、危険な建物になっている可能性は、十分にあると考えられます。

 

アスベストの調査というのはどのように行うのか

アスベストの調査は、規則にて調査内容が決まっている部分が大半です。「石綿障害予防規則」の中で、一時調査と二次調査が必要を記載しています。

 

アスベスト調査の基本は、一次調査と二次調査の2回の調査を行うことです。一時調査と二次調査ではどのような調査を行うのか、以下の調査内容にてアスベストが使われているのか否かの確認方法を、以下にご紹介します。

 

一次調査の内容

一次調査は、建築物や考査呪物の解体や粉砕を行う前に、アスベストを含有している建材が建物に含まれていないのかを調査します。

 

設計図などを使って、アスベストが含まれている材料が使われていないのかどうかを、確認します。一次調査の段階でアスベストの使用が確認できた場合、アスベストの除去工事を行う事を検討します。

 

二次調査の内容

二次調査は、一次調査を行ったのにアスベストが含有している建材が建物に含まれているのか確認できない場合に、行う調査です。現地調査やなどを、事業者が目視にて分析する調査内容です。

 

一次調査や事前の雰囲気により、アスベストが使われているか否かが疑われる部分を見つけることは、難しいことではありません。そのようなアスベストが使われている疑いがある部分を中心として、目視で建材の調査を行います。

 

 

アスベストが建物の中から見つかった場合

殆どの場合、二次調査の際にアスベストの有無の確実性を決めます。そのため、二次調査後に、アスベストが含有している部分のサンプルを取り、分析をして判断の確実性を高めます。

 

報告書の作成

アスベストを採取して分析した後、最終的に報告書を作成します。この報告書に記載されている内容により、最終的にアスベストが使われていたのか否かを判断します。

 

この報告書は、解体工事や改修工事を行う前に、非常に重要となる書類です。

 

アスベスト調査にはどれくらいの費用がかかるのか

アスベストは恐ろしい成分なので、アスベスト調査は絶対に受けるべきです。しかし、調査を受ける側と指摘になることといえば、費用ではないでしょうか。

 

アスベスト調査には、費用がかかります。費用がかかり、アスベスト除去工事を行うためにさらに費用がかかるのであれば、調査をしたくないと思う方もいると思います。しかし、アスベスト調査に愛する補助制度を厚生労働省で行っておりますので、調査や除去の際は補助金制度を利用することをおすすめします。

 

アスベスト調査の費用の相場は、以下となります。

 

一次調査の費用相場

図面調査であり、費用の相場は1現場30,000~70,000円程度かかります。複数の現場を調査する場合は、×物件数が費用相場と捉えましょう。

 

二次調査の費用相場

現場調査であり、費用の相場は1検体35,000~60,000円程度となっています。二次調査は、現場の数ではなく検体数によって

費用がかかります。

 

分析費用

分析調査にかかる費用の相場は、以下の通りとなります。

 

  • 定性分析の場合:費用相場 1現場につき31,000~60,000円程度
  • 定量分析の場合(X線解析分析法):費用相場 1現場につき31,000~60,000円程度
  • 定性分析+定量分析の場合:費用相場 1現場につき40,000~100,000円程度

 

アスベスト粉塵測定費用

アスベスト粉塵濃度測定費用は、以下の通りとなります。

 

  • 敷地内環境(総裁維数):費用相場1か所5,000円~20,000円程度
  • 室内環境(総裁維数):費用相場1か所5,000円~20,000円程度
  • アスベスト除去工事現場(総裁維数):費用相場1か所5,000円程度~
  • 分析走査電子顕微鏡法(アスベストの同定):費用相場1か所5,000円程度~

 

 

まとめ:アスベスト調査は義務化!補助金を利用して安価に危険を建物から除こう!

 

アスベストという危険な成分というのは、昔はさほど危険性を重視されることなく、建材に使う材料として呈していると思われ、長年使われてきました。
しかし、2000年に入ってからアスベストの危険性にようやく気付き、2006年から一定以上のアスベスト量を含んでいる材料は使用禁止となりました。

2006年以前の建物は。全国にたくさんあります。そのため、アスベストが含まれている建物がほとんどです。自分たち家族やご近所の皆さんに迷惑を掛けないように、解体工事や改修工事の前には必ずアスベスト調査を行いましょう。

 

ポイントは、3つです。

・アスベストという成分は猛毒で人類に影響を与える!

・2006年以前に建設している縦も二には一定基準以上のアスベストが含まれている可能性があるので絶対にアスベスト調査行う!

・厚生労働省の補助金をアスベスト撤去工事に使えるので、上手く利用して最低限の費用でアスベストを除去しよう!
ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロです。

10種類以上の外壁塗装・防水工事実績があります
埼玉・都内の工事施工実績はこちらから

無駄を省き、大事な手間を惜しまない工事を行います
工事のこだわりポイントはこちらから

徹底的な現場調査から工事後の巡回点検まで一貫してサポートします
外壁塗装工事のお問い合わせは

この記事を書いた人

ヤブ原産業 工事営業部 

ヤブ原産業株式会社 工事営業部 一級施工管理技士 本社のある川口市を中心に、関東のアパート、マンション、一戸建てオーナー様の為に改修・修繕・補修工事に汗を流しています。