塗装 外壁塗装 屋根塗装

外壁塗装のおすすめの時期は?時期によるメリットデメリット等ポイント解説!

こんにちは、ヤブ原産業株式会社です。

今回は【外壁塗装のおすすめの時期】塗り替えメンテナンスにおけるポイントについてお話していきます。

・川口市・さいたま市・都内等で外壁塗装工事を考えているけれど、外壁塗装ってどの季節に行った方がいいのかな?

・外壁塗装工事をしたいけれど、外壁塗装工事ができない季節もあるのかな?

という方に向けて、悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら【弊社ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロだから】です。
→埼玉・都内の防水工事の施工実績は改修工事.jpから

記事の前半では「外壁塗装の季節ごとの施工のメリットとデメリット」について解説しつつ、記事の後半では「外壁塗装工事はどのタイミングで業者に依頼すべきか」について具体的に解説します。

外壁塗装工事というのは奥が深い工事であり、様々な知識や工程などがあります。その分、把握すべきポイントが多々あります。
この記事を読み終えることで、外壁塗装の基礎知識が分かるだけでなく、丈夫で長持ちさせることができる塗膜作りのコツについても分かりますよ。
外壁塗装のメンテナンスについて気になっている方は、ぜひ、最後までご覧くださいね。

 

外壁塗装工事に適さない時期がある

外壁塗装工事というのは、やりたい時にいつでも施工をして良いというわけではありません。外壁塗装工事に適した時期というのがあります。

 

建築基準法では、気温5度以下で湿度85%以上の場合は外部での塗装はしてはいけないと記載があります。その理由は、温度が低すぎることにより塗布した塗料が凍結してしまい、湿度が高すぎることにより塗料の乾燥が遅れてしまい、完成度の低い塗膜が出来上がってしまうからです。また雨が降っている時も雨と塗料が混ざってしまうので、完璧な塗膜を作ることはできなくなってしまいます。

 

気温5度以下や湿度85%以上というのは、以下のような時となります。

 

・雨の日

・冬

・霜が降りている日

・氷が張っている日

・霧がかかっている

・コートを着ないと寒い日

・傘を差さないといけない日

 

具体的に、以上のような時は外部での塗装はしないことが定義となっています。

美しい外壁塗膜を作るためには、気温や温度、季節が重要なポイントとなります。

どの季節に外壁塗装工事を行うべきなのか

それでは、どの季節に外壁塗装工事を行うべきなのか、気になると思います。春夏秋冬、どの季節であっても実は一長一短があります。春夏秋冬季節ごとにどのようなメリットやデメリットがあるのか、以下にご紹介します。

 

春に外壁塗装工事を行う事のメリットとデメリット

春という季節は、気温や湿度が安定しています。そのため、気温や湿度に対して考えてみると、外壁塗装工事に適した時期といえます。

 

ただし、春というのは春雨前線が発生する時期なので、雨が降ることが多い時期です。そのため、雨が降っていたり、雨により湿度や温度が外壁塗装工事に適さない場合もあります。天気予報をこまめにチェックして問題ないタイミングに、業者と相談しながら外壁塗装工事を行いましょう。

 

外壁塗装の人気がある季節なので、混雑することが大半です。目安としては、外壁塗装工事を行いたい3カ月前に業者に相談をすると、理想の時期に工事を行うことができます。

 

夏に外壁塗装工事を行う事のメリットとデメリット

夏は気温が高く湿度が低いので、外壁塗装工事に適した時期といえます。しかし、30度以上になる地域では、作業能率の低下や塗料硬化の不具合が発生する可能性があるので、暑い地域には夏の外壁塗装工事は向いていません。

 

また、梅雨や台風があることも頭に入れないといけない時期です。梅雨や台風時期は雨が降ることが多いので、せっかく塗装をしても雨で台無しになってしまうことがあります。そのせいか、外壁塗装業者の中には梅雨や台風の時期は安価で外壁塗装工事を請け負う業者も少なくありません。しかし、梅雨や台風時期は外壁塗装工事に適さないポイントがいくつもあるので、安価な工事費でもおすすめできません。

 

梅雨や台風さえ来なければ、夏は晴れる日が多いので外壁塗装工事に適した時期となります。そのため、夏は外壁塗装工事が混雑する場合が大半です。

 

秋に外壁塗装工事を行う事のメリットとデメリット

秋という季節は、気温や湿度が安定している時期であり、外壁塗装工事に向いている時期といえます。気になるポイントといえば、台風や秋雨前線の季節ということです。

 

台風や秋雨前線さえなければ、秋は外壁塗装工事の最高の季節です。そのため、工事が殺到するので3か月前には業者に相談をすることを、おすすめします。また、雨が降らない予報でも突然雨が降る場合がある季節なので、予定よりも工期が遅れる可能性があります。

 

冬に外壁塗装工事を行う事のメリットとデメリット

冬は日本の半分以上の地域で雪が降り、温度が下がってしまいます。そのため、春夏秋冬の中で1番外壁塗装工事に適していない時期となります。

 

しかし、気温が低く降雪する場合でも、外壁塗装工事を行う方法があります。外壁塗装工事を行う建物や部分をビニールなどで囲んで暖房をすることで、適切な温度や湿度とすることができ、雪も避けることができるので外壁塗装工事が可能となります。そのような作業を、養生といいます。養生を行うためには様々な費用がかかるので、冬の外壁塗装工事はほかの季節と比べると割り増しの費用となります。費用を抑えて外壁塗装工事を行いたい場合は、冬場の工事はおすすめできません。

 

冬場の外壁塗装工事には様々な知識が必要となるので、冬の外壁塗装工事に慣れている業者に工事をお願いしましょう。

 

外壁塗装には適した時期はない

上記に記載した通り、外壁塗装工事を行う季節の特徴をチェックしてみると、完全に適した時期というのはないということがわかります。

 

春や秋は比較的適した時期ではありますが、春雨前線や梅雨、秋雨前線、台風など、雨の影響を受けてしまう場合があります。そのため、それらの注意すべき時期を避けて、外壁塗装工事を行わないといけません。

 

また、お住いの地域によっても、季節や湿度、天候には大きな違いがあります。そのため、この季節に外壁塗装を行うという考え方をするのではなく、気温や湿度、天候の3つが適したタイミングと経験豊富な業者と相談し対策を行ってもらう事で外壁塗装工事を行うベストなタイミングとなります。

 

外壁塗装は地元の業者に依頼しよう

外壁塗装工事は、地元の業者に依頼すべきです。その理由はなぜなのか、以下にご紹介します。

 

地元の業者の評判は耳に入りやすい

地元の業者の評判というのは、耳に入りやすいものです。良い業者なのか悪い業者なのか、利用した方の正直な意見を把握した上で、業者探しをすることができます。

 

地元の業者じゃない場合は、どのような業者なのかの情報が入ってきにくいものです。なんとなく聞いたことがある業者名だからお願いし、大失敗してしまったケースは少なくありません。

 

1度利用をしたお客様の声は正直で正確な声なので、その声を参考にして優良な業者を選ぶことができます。

 

外部の塗装工事なので地元の特性を把握している業者の方が間違いない施工可能

外壁塗装は外部での塗装工事となるので、内部の塗装工事と比較すると様々な面で難しい工事となります。失敗する気がなくても失敗が発生してしまう場合もあるのが、外壁塗装工事です。

 

そのため、外壁塗装工事は、地元に根付いている業者に工事を依頼することをお勧めします。その理由は、地元の業者というのは地元の季節などの特性をよく把握しているので、適した外壁塗装工事とすることができるからです。

 

外壁塗装の工事中に何か問題が発生したら素早く駆けつけてくれる

外部の塗装というのは、塗料を塗布した後の急な天候不良により、塗膜が上手く硬化しない場合があります。地元の業者の場合、急なことが発生しても即駆けつけることができ、素早い対処をしてくれます。

 

遠い業者に依頼した場合、何かがあっても即駆けつけることは距離的な関係上難しいです。外部の塗装というのは想像以上に難しいので、地元の業者に依頼すると安心です。

 

外壁塗装工事完了後に不具合が発生したら即駆けつけてくれる

外部の塗装というのは、工事完了後に何らかの影響により不具合が発生してしまう場合があります。そんな時、地元の業者であればすぐに駆け付けてくれて対応してくれます。

 

外壁塗膜というのは年月が流れて経年劣化により、どんどん劣化してしまいます。しかし、その前に何らかの理由により塗膜が劣化してしまい、塗膜としての機能を果たさなくなってしまう場合もあります。

 

例えば、外壁塗膜に何かをぶつけたことにより、塗膜に亀裂が入ってしまう場合があります。そんな場合、そのまま亀裂を放置しておくと、下地を侵食しそこから雨漏りが発生してしまう場合があります。

 

たとえ小さな劣化であっても、素早く発見して対処することにより、長期にわたり使える塗膜となります。近くにいる業者であれば、それを発見することが簡単です。

 

外壁塗装のおすすめ時期は綿密に考えて決めよう

外壁塗装工事に適した時期というのは、完璧には断定できないことがわかったと思います。どの時期も一長一短があるので、時期をみはからって良いと思うタイミングに、外壁塗装工事を行いましょう。地元の業者であれば、適した外壁塗装のタイミングを教えてくれます。評判が高い地元の業者に相談をして、理想の外壁塗装工事としましょう。

ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロです。

10種類以上の外壁塗装・防水工事実績があります
埼玉・都内の工事施工実績はこちらから

無駄を省き、大事な手間を惜しまない工事を行います
工事のこだわりポイントはこちらから

徹底的な現場調査から工事後の巡回点検まで一貫してサポートします
外壁塗装工事のお問い合わせはこちらから

この記事を書いた人

ヤブ原産業 工事営業部 

ヤブ原産業株式会社 工事営業部 一級施工管理技士 本社のある川口市を中心に、関東のアパート、マンション、一戸建てオーナー様の為に改修・修繕・補修工事に汗を流しています。