台風対策 外壁塗装

春は外壁塗装が大人気!だから把握すべき春の外壁塗装デメリット!

こんにちは、ヤブ原産業株式会社です。

今回は【春は外壁塗装に適した時期だからこそデメリットも把握すべき!】失敗しない外壁塗装工事のためのポイントについてお話していきます。

・春は外壁塗装のシーズンって聞くけれど、デメリットってないのかな?

・外壁塗装を春に施工する予定!どんなデメリットに注意すべきなのか知りたい!

という方に向けて、悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら【弊社ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロだから】です。
→埼玉・都内の防水工事の施工実績は改修工事.jpから

記事の前半では「春は外壁塗装に適した時期だからこそデメリットも把握してほしい」について解説しつつ、記事の後半では「春に外壁塗装工事を行うデメリット」や「春以外の季節に外壁塗装をすることはどうなのか?」についても具体的に解説します。

春になって、外部の塗装を検討するご家庭が増えてきました。

特に外壁塗装の工事は、春に見た目をガラッと変えたい気持ちがあるのもあり、非常に需要が多くあります。

春は、塗装に適している時期です。

適しているからこそ、デメリットにもしっかりと目を向けて最高の外壁塗装工事にしましょう。

この記事を読み終えることで、春に外壁塗装を行う場合のデメリットを把握して万全の体制での外壁塗装工事にすることができますよ。

春になり外壁塗装工事を検討している方は、ぜひ、最後までご覧くださいね。

春は外壁塗装に適した時期だからこそデメリットも把握してほしい!

 

春夏秋冬の中で1番外壁塗装工事に適しているのが、春です。

そのため、春は外壁塗装を行うお客様が増えます。

 

だからこそ把握すべきなのが、春に外壁塗装工事を行うデメリットです。

メリットがたくさんあっても、必ずデメリットというものはあるものです。

春の外壁塗装のデメリットをしっかり把握した上で、理想の外壁塗装工事を実現しましょう。

 

春に外壁塗装工事を行うデメリット

春に外壁塗装工事を行うデメリットを、以下にご紹介します。

 

希望している日にちに施工ができない場合がある

春というのは、1年の中で1番外壁塗装工事の件数が多くなる時期です。

そのため、塗装業者は繁忙期となります。

同時に何件も請け負う状態になってしまうので、希望の日を言っても無理な場合が大半です。

順番待ちになる場合も多くあり、塗装業者のスケジュールに外壁塗装工事の日にちを合わせないといけなくなる場合もあります。

 

この場合、早めに希望に日時を業者に話しておくことで、希望の日に外壁塗装工事を行ってもらえる可能性が高くなります。

3~4か月前には塗装業者に相談をして、理想の春の日時に外壁塗装工事ができるようにしましょう。

 

春雨前線に当たってしまい工期がズレてしまったり遅くなる場合がある

春というのは、比較的に天候が安定している時期といえます。

しかし、春には春雨前線という前線が来るので、その時期に工事日がぶつかってしまうと、雨に悩まされることになってしまいます。

 

春雨前線が発生するのは、数日程度です。

梅雨や台風のようなひどい雨風は発生のようにはならないので、工事日に当たってしまったら仕方がないと思うしかありません。

 

春以外の季節に外壁塗装をすることはどうなのか?

外壁塗装工事は春が番適していますが、他の季節でも工事は可能です。

ただ、春に比べると悩まされる材料が多いということです。

他の季節に外壁塗装工事を行うとどのような状態になるのか、以下にご紹介します。

 

夏の場合

夏の場合は、暑いことにより塗料が乾きやすくなるので、塗装工事は早く進んで終わります。

しかし、暑すぎる日の場合は、その暑さが塗料に悪影響を与えてしまい、仕上がった塗膜に膨れなどの不具合が発生してしまう場合があります。

良くない塗膜が出来上がってしまうのは、真夏の暑過ぎる日に良くある話です。

塗装工事は35度以上の暑さになると乾燥の仕方が悪くなってしまい、不出来な塗膜となってしまいます。

 

また、夏というのは夕立が多い季節です。

そのため、夕方になると雨に悩まされながら外壁塗装工事を進めていかないといけなくなってしまいます。

夕立が降れば、その時点で外壁塗装工事を中止しないといけなります。

 

秋の場合

秋というのは、湿度や温度は春と似ています。

しかし、秋に来る恐ろしいものといえば、台風です。

台風が直撃してしまい雨や風が酷く外壁塗装工事が中断したなんていう話は、よく聞く話でもあります。

台風がなかなかいなくなってもらえなく、工期が伸びてしまうケースは少なくありません。

 

天気予想を細かく見て、台風が確実に来ない日に外壁塗装工事を行ってしまえば、春と同じく理想の環境での工事とすることができます。

 

冬の場合

冬といえば寒い季節であり、関東以北では雪が降ります。

気温5度以下で湿度85%以上は塗装工事をしてはいけない条件ですが、冬はその条件に当てはまる日が多くあります。

 

また、雪や霜は降りると外壁塗装工事ができなくなってしまいます。

そのため、延期や中断により、外壁塗装工事の工期が長引いてしまう可能性があります。

 

さらに、冬は日照時間が短いのもデメリットです。

外壁塗装工事は外で行う工事なので、日照時間が短いと1日に施工できる時間に限りが出てしまいます。

 

まとめ:春は外壁塗装の人気の季節ゆえにデメリットも把握して対応を!

 

春は、外壁塗装で人気の季節です。

そのため、春に外壁塗装工事を行いたいと思うお客様は大変多くいます。

満足できる春の外壁塗装工事を実現させるためには、早めの計画により予定通りの納得の工事としましょう。

ポイントは、3つです。

  • 春の外壁塗装はメリットばかりだがデメリットも把握すべき!
  • 春の塗装のデメリットをしっかり把握して外壁塗装を成功させよう!
  • 他の季節でも外壁塗装工事は可能だけれど目を向けなければいけないポイントが多々ある!

ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロです。

お問合せ
ホームページお問合せはこちらから“>

LINEはこちらから

インスタグラムも随時更新しています!!

インスタグラムはこちらから

 

10種類以上の外壁塗装・防水工事実績があります
埼玉・都内の工事施工実績はこちらから

無駄を省き、大事な手間を惜しまない工事を行います
工事のこだわりポイントはこちらから

徹底的な現場調査から工事後の巡回点検まで一貫してサポートします
外壁塗装工事のお問い合わせはこちらから

この記事を書いた人

ヤブ原産業 工事営業部 

ヤブ原産業株式会社 工事営業部 一級施工管理技士 本社のある川口市を中心に、関東のアパート、マンション、一戸建てオーナー様の為に改修・修繕・補修工事に汗を流しています。