未分類

塗装業者の選び方のコツ!間違いのない業者探しポイント徹底解説!

こんにちは、ヤブ原産業株式会社です。

今回は【塗装業者の選び方のコツ!】間違いのない業者探しポイントなどにについてお話していきます。

・塗装工事をしたいけれど、どの業者に頼んだらよいのかわからないし、不安だなぁ

・優良な塗装業者の選び方のコツが知りたいな!

という方に向けて、悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら【弊社ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロだから】です。
→埼玉・都内の防水工事の施工実績は改修工事.jpから

記事の前半では「飛び込み営業業者の意味や、悪徳業者の被害の年々増加」について解説しつつ、記事の後半では「塗装業者の選び方と注意点」などについて具体的に解説します。

塗装工事業者の選び方は、お客様にはわかりにくいと思います。どの業者がどんな特徴を持っているのかわからないですし、業者の営業の口車に乗ってしまい、良い塗装工事とならないケースもすくなくありません。お客様に親身になってくれる業者を選んで、理想の塗装工事としましょう。そのためには、塗装業者の選び方を学びましょう。難しいことはなく、コツさえ掴めば誰でも塗装業者の見極めができるようになります。

この記事を読み終えることで、塗装業者の選び方がわかり、悪徳業者の手口もわかります。塗装業者を選択するための様々なポイントについて把握することができますよ。
塗装業者選びが気になっている方は、ぜひ、最後までご覧くださいね。

塗装業者にはどのような業者の種類があるのか

一口に「塗装屋さん」といっても、様々な業態の塗装業者があります。塗装業者により様々な違いがあるので、目を向けましょう。塗装業者というのはどのような業態があるのか、以下にご紹介します。

塗装専門業者

塗装専門業者は、塗装工事を専門に行っている業者です。地域密着型の経営をしている塗装専門業者が多く、地元の皆さんから信頼を集めて居るのが大きなポイントです。

なぜ地元の皆さんから信頼を集めているのか、その理由は信頼できる仕事をしないと地元で胸を張って仕事ができないからです。地元で適当な仕事をしてしまうと、すぐに噂が広がってしまって、仕事の発注が来なくなってしまうからです。

地元の塗装専門業者というのも、ピンからキリまであります。小さい業者だから良くないというわけではなく、塗装指導員や一級塗装技能士などの資格を持っている職人さんがいる業者であれば、小さな塗装専門業者でも全く問題ありません。

リフォーム業者

リフォーム業者でも、塗装工事を行っております。リフォーム業者はリフォーム工事う全般を行っているので、リフォームにて塗装工事を行うことができます。

ただし、自社で塗装の職人を持っているわけではなく、下請けに出して塗装工事を行うので、中間マージンが発生してしまいます。多少高上りとなってしまいますが、塗装工事以外のリフォーム工事も同時に検討している場合は、リフォーム業者に依頼した方が工事としてまとまって、抜かりないリフォームとすることができます。

工務店

工務店でもリフォームを受けているので、塗装工事を行うことができます。ただし、上記のリフォーム業者と同じく自社に塗装職人が在籍していないので、下請けに出す流れとなります。その場合、中間マージンが発生してしまうので、工事代金としては高上りとなってしまいます。

しかし、その工務店に塗装工事の他にもリフォーム工事を頼むことを検討している場合は、塗装工事も一緒に行った方が工事としてうまくまとまり、スムーズに終わらせることができます。

ハウスメーカー

ハウスメーカーでも、塗装工事を行うことはできます。しかし、自社で職人さんは抱えていないので、下請けの塗装屋さんに仕事を流すこととなります。

ハウスメーカーも、リフォーム業者や工務店のように、他のリフォームも頼むのであれば依頼しても良いと思います。しかし、ハウスメーカーの場合は地元に無く、地方から担当者が来る場合があります。地元に支店がないハウスメーカーの場合、塗装工事後に不具合が発生してしまった場合、即座に対応できない場合があります。

塗装業者の選び方と注意点

以上にご紹介した通り、ハウスメーカーをはじめ様々な業者にて塗装工事を行っております。塗装業者というのは、どのような部分に着眼点を置いて選ぶべきなのか、そのポイントや注意点をご紹介します。

お客様の話を聞こうとせずに自分の話ばかりする業者には依頼してはいけない

塗装業者の中には様々な業者がいて、ひどい業者の場合はお客様の話に耳を傾けずに、業者の思い通りになるような話の流れとして話す業者がいます。

このような業者は、業者の都合で塗装工事をする傾向があります。ただ塗装工事をしてお金を貰おうという考えです。

親身になってくれる優良な塗装屋さんは、お客様の話にきちんと耳を傾けます。そのため、お客様の話を優先的に聞いてくれる業者を選ぶようにしましょう。お客様の話に親身にm意味を傾ける塗装業者は、自分の家を塗装工事するように丁寧に対応してくれます、そのような塗装業者は教育がきちんと行き届いている業者の証拠となるので、間違いなく良い仕事をしてくれます。

素人でもわかる言葉を使って劣化の状況を説明してくれる業者を選ぶ

塗装工事というのは、様々な専門用語があります。そのため、専門用語で話されても、お客様にはわからないことだらけです。

そのため、素人でもわかるようにかみ砕いて話をしてくれる塗装業者は、教育がきちんと行き届いていて信頼ができる業者ということになります。

近年の塗装屋さんは、すぐにイメージができるように様々なサンプルを持ってきて、お客様に見せてわかりやすい打ち合わせにしてくれます。塗装工事のイメージが付くと、お客様もわかりやすいものです。欺罔をなくしてから話を進めてくれる塗装業者は、信頼できる優良業者です。

現場の状態を見ないで見積もりをする業者は選んではいけない

塗装業者などの業者の中には、なぜか塗装現場をきちんと確認しないで見積もりを仕様とする業者がいます。塗装工事の細かい劣化などの内容がわからないのに、どうやって正確な見積書を作れるのでしょうか。

残念な話ではありますが、そのような業者というのは実際に存在するのが現状です。特に、訪問販売で塗装工事を請け負いたがる業者の場合、現在の塗装の現場状況を調べないで見積もりをしようとします。きちんと状況を調べて見積書を作らない業者は、お客さんなお塗装工事をきちんと行おうとする気持ちがない証拠となります。

現場診断をせずに見積書を提出する業者は、適当な塗装工事しかしません。適当な塗料で適当な施工手順でしか塗装工事をしないので、すぐ塗膜が劣化してしまいます。

塗装面積を把握している塗装業者を選ぶ

塗装面積という言葉も、素人の方は聞きなれない言葉かと思います。塗装面積というのは、塗装を行う面積のことをいいます。

悪徳塗装業者の中には、見積書の塗装面積を「一式」でまとめて描いてくるところがあります。塗装面積が少ない場合は「一式」見積もりも間違っていませんが、外壁全て塗装をする場合など塗装面積が広い場合は、きちんと塗装を行う㎡数を見積書に記載することが、一般的な見積書の作り方です。

素人の方は、見積書を見ても理解できないから細かく見ない、という方もいます。しかし、見積書に記載ある数字は実際にお客様が支払う金額ですので、細かくチェックすることは当たり前のことです。

塗装面積が記載されていない見積書の業者には、絶対に工事を依頼しないようにしましょう。

まとめ:塗装業者はじっくり見極めて選定しよう!

 

塗装業者というのはたくさんありますが、その塗装業者により個性が異なります。良い塗装業者もあれば、悪徳塗装業者もあります。それらをしっかりお客様の目で見極めることが、塗装工事成功の大きなカギとなります。
塗装業者選びに難しいポイントはないので、しっかりポイントを把握した上で理想の塗装業者を選びましょう。優良塗装業者は良い仕事をし、長年持つ塗膜を作ってくれます。
ポイントは、3つです。

・お客様の話を親身に聞いてくれる業者に塗装工事を依頼しよう!

・塗装工事をする現場を確認せずに見積してくる塗装業者には頼んではいけない!

・依頼する業者の種類は、そのリフォームの際の内容により合っている業者に決めるべき!

 

ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロです。

10種類以上の外壁塗装・防水工事実績があります
埼玉・都内の工事施工実績はこちらから

無駄を省き、大事な手間を惜しまない工事を行います
工事のこだわりポイントはこちらから

徹底的な現場調査から工事後の巡回点検まで一貫してサポートします
外壁塗装工事のお問い合わせはこちら

この記事を書いた人

ヤブ原産業 工事営業部 

ヤブ原産業株式会社 工事営業部 一級施工管理技士 本社のある川口市を中心に、関東のアパート、マンション、一戸建てオーナー様の為に改修・修繕・補修工事に汗を流しています。