未分類

大地震に備える屋根のリフォームを検討しよう!地震に負けない家を造ろう!

こんにちは、ヤブ原産業株式会社です。

今回は【大地震に負けない屋根のリフォーム】屋根で耐震性が変わることについてお話していきます。

・我が家が大地震に耐えられるのかな…大きな地震が来ても耐えられるリフォームってあるのかな?

・我が家は瓦屋根なので地震の度に屋根の修繕をしている…大地震が来たら瓦屋根って耐えられるのかしら?

という方に向けて、悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら【弊社ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロだから】です。
→埼玉・都内の防水工事の施工実績は改修工事.jpから

記事の前半では「大地震に負けない屋根の家にリフォームをすることを考えるべき」について解説しつつ、記事の後半では「重い屋根材は地震対策にならない理由」について具体的に解説します。

建物の上部にあるせいか、あまり屋根に対して気にならない方もいると思います。

屋根の仕上材料には様々な種類があり、使う材料により地震対策が異なります。

自分の家の屋根に使っている材料は耐震性に富んでいるのか、1度考えてみませんか。

耐震性が低い屋根材の場合は、大地震に備えて張り替えることも視野に入れましょう。

この記事を読み終えることで、屋根の種類により耐震性が異なることについて把握することができるので、自宅の屋根の耐震性について把握することができますよ。

今の日本には、大地震に負けない家が必要です。

そのため、耐震対策ができる部分は行うべきであり、大地震対策を検討している方は、ぜひ、最後までご覧くださいね。

大地震に負けない家つくりのリフォームを検討しよう!

近年大地震が多く、2024年はお正月早々大地震に見舞われてしまった地域もあります。
以前は、決まった地域に大地震が発生する傾向がありましたが、今は日本中どこでも大地震が発生しており、次は自分の地域の番ではないかと、不安になっている方もいると思います。

そこで注目してほしいのが、地震に強い家つくりをすることです。
大きな地震が来た映像をテレビで見ていると、大きく被害を受けている家の隣の家の被害は軽度に見える場合があります。
それは、地震に強い家造りをしている事に差が出ているといえます。

屋根材料の種類により地震への備えにすることができる

大地震に負けない家つくりで注目してほしいのが、屋根の種類により地震に強い家つくりとすることができることです。

屋根は、建物の1番上である頂点にあります。
物であれば何でもそうですが、頂点が重いと物に動きがあった際に大きな揺れを発生させます。

やじろべいを思い浮かべると、わかりやすいと思います。
やじろべいは、頂点が重いのでユラユラと揺れている時間を長くすることができます。
建物の場合屋根が頂点なので、屋根を軽くすることで揺れを軽減させることができます。

屋根材料には、様々な種類があります。
瓦は重い屋根材であり、地震が発生すると瓦の重さの影響により大きく建物が揺れてしまいます。
大地震に備えて、屋根を軽量化してみませんか。

各屋根材料の重さをチェックしよう!

各屋根材料の重さは、種類により異なります。
どれくらい違うのか、以下にご紹介します。

屋根の材料 1㎡あたりの重さ 建築基準法による分類

  • 土葺き屋根 約60kg/㎡ 非常に重い屋根
  • 瓦屋根 約42kg/㎡ 重い屋根
  • セメント屋根 約42kg/㎡ 重い屋根
  • スレート(コロニアル)屋根 約20kg/㎡ 軽い屋根
  • ルーガ屋根 約20kg/㎡ 軽い屋根
  • 金属(トタン)屋根 約5kg/㎡ 軽い屋根

以上をチェックすると、屋根材には重いものと軽いものがあることがわかります。
大地震が発生して高いリスクを受けないためには、軽い屋根材にして揺れにくい建物としましょう。

土葺き屋根や瓦屋根は建物の耐震性を低くさせる

土葺き屋根瓦屋根のってものは、耐震性が低いです。
関東より南で良く見かける屋根材ですが、大地震が発生したことを考えると、良い屋根材とはいえません。

土葺き屋根屋瓦屋根のお宅は、伝統ある日本家屋の場合もあります。
そのため、それ以外の屋根材に変えるには嫌だと思う方もいると思います。

しかし、コロニアルやトタン屋根でも、日本家屋に合わせた葺き方があります。
土葺き屋根や瓦屋根のお宅で耐震性が気になる方は、軽量な屋根材での葺き替えを検討することをおすすめします。

屋根のリフォームはどのような業者に依頼すべき?

屋根葺き替えをしたいと思っても、度も業者に依頼すべきなのかわからない方もいると思います。
屋根の葺き替え工事にかかる費用や工事の流れというのは、業者により異なります。
この際に業者の比較に大事となるのか、相見積もりを行って比較検討を行うことです。

相見積もりを行う際のポイントは、3社程度にお願いすることです。
折角相見積もりを行うのだから、色んな業者に見積もりをお願いしてみたいと思う方もいると思います。
しかし、多くの業者に相見積もりをお願いしても、比較する業者が多すぎて、結局はわかりにくくなってしまい混乱してしまう場合があります。

そのため、相見積もりをお願いする際は3社程度にとどめましょう。
地元の評判が良い業者に依頼して、その中で見積書を比較して自分が良いと思う業者にお願いしましょう。
相見積もりの比較がわかりにくい場合は、屋根の葺き替え工事を行った知り合いに聞いて、良い業者を聞くのも参考になります。

間違えても、訪問業者には頼んではいけません。
訪問業者は、お客様の家に訪問しないと仕事を取ることができない業者です。
そのため、評判が良くない場合が大半であり、良い工事をしてもらえない場合があります。

まとめ:軽い屋根材やで大地震に負けない家に!

屋根材を軽いものに変えるだけで、建物の耐震性が高まって地震に負けにくい家とすることができます。

日本にどこにいても大地震に出会ってしまう時代になった今、地震対策ができる部分は行っておくべきです。

屋根を軽くすることは、想像以上の耐震対策になります。

耐震リフォームを検討している方は、軽い材料の屋根への張替えも検討しましょう。

ポイントは、3つです。

・屋根を軽い材料に葺き変えることで地震に強い家になる!
・瓦屋根は重いので、地震が多い今の時代には適していない!
・地元の業者は地元の特性を理解しているので、ピッタリの屋根材を探してくれる!

ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロです。

お問合せ
ホームページお問合せはこちらから“>

LINEはこちらから

インスタグラムも随時更新しています!!

インスタグラムはこちらから

 

10種類以上の外壁塗装・防水工事実績があります
埼玉・都内の工事施工実績はこちらから

無駄を省き、大事な手間を惜しまない工事を行います
工事のこだわりポイントはこちらから

徹底的な現場調査から工事後の巡回点検まで一貫してサポートします
外壁塗装工事のお問い合わせはこちらから&l

この記事を書いた人

ヤブ原産業 工事営業部 

ヤブ原産業株式会社 工事営業部 一級施工管理技士 本社のある川口市を中心に、関東のアパート、マンション、一戸建てオーナー様の為に改修・修繕・補修工事に汗を流しています。