未分類

屋根の雪下ろしは危険だらけ!未然に事故を防ぐための5つのポイント徹底解説!

こんにちは、ヤブ原産業株式会社です。

今回は【屋根の雪下ろしは危険がいっぱい!】未然に事故を防ぐためのポイント解説などにについてお話していきます。

・豪雪地帯に住んでいるけれど、毎年屋根の雪下ろしが大変!何か良い方法はないのかな?

・屋根の雪下ろしをしていて家族がケガをしてしまった!安全な雪下ろしポイントを知りたいな!

という方に向けて、悩みを解決できる記事になっています。

屋根の雪下ろし対策はいくつかありますのでぜひ、最後までご覧くださいね。

 屋根の雪下ろしを自分で行うのは危険な4つの理由!

屋根の雪下ろしを自分で行う方がいますが、これは想像以上に危険なことです。
屋根の雪下ろしの危険性を、以下にご紹介します。

足を滑らせて屋根から落ちる

屋根からの雪下ろしの際に最もある危険なパターンは、足を滑らせて屋根から落ちてしまうことです。屋根には勾配があるので、平らな場所と比べると足元が不安定になります。
特に晴れた日は暖かいと思い屋根の雪下ろしを行う方がいますが、晴れた日は温度が上がるので屋根の上の雪が溶けやすくなるので、滑りやすい状態となります。

地面の上で転ぶ

屋根の雪下ろしをしようと家から出て歩いている際、玄関の前などの地面が凍っていて滑って転ぶことがあります。ただ転ぶだけなら良いですが、打ち所が悪い場合は骨折などのケガをしてしまうこともあり、危険です。

屋根からの落雪により事故に巻き込まれる

屋根の雪降ろしをしようと外に出た際に、屋根から雪が落ちてきて巻き込まれてしまう、落屑による事故も少なくありません。屋根の上に積もったたくさんの雪がザーっと落ちてくるので、想像異常の勢いと雪の量です。

屋根から落ちて木や雪の下敷きになってしまい、身動きが取れなくなってしまいケガなどの最悪なケースとなる場合もあります。

除雪機を使っている際に事故に巻き込まれる

家庭用除雪機を使っているお宅は多くあり、便利なアイテムです。しかし、使い方を間違えてしまうと、危険な事故に巻き込まれてしまう場合があります。近年は、家庭用除雪機による事故が増えています。

ケガなどの最悪なケースに巻き込まれることもあり、意外と危険なアイテムともいえます。

屋根からの雪に対するリスクを避けるためのポイント!

屋根に積もった雪に対するリスクを避けるがためには、いくつかのポイントがあります。

どのようなポイントがあるのか、以下にご紹介します。

屋根雪下ろし業者にお願いをする

1番オススメなのが、屋根の雪下ろしをしてくれる業者にお願いすることです。多雪地帯には屋根の雪下ろし業者というのがおり、依頼すると安全に気を付けて綺麗に屋根の雪を下ろしてくれます。

夏場は違う仕事をしていて冬だけ雪下ろしの仕事を請け負っている業者が大半です。

インターネット上や近所の方の口コミで探すことができるので、調べて依頼することをおすすめします。

地方自治体の屋根の雪下ろし制度に依頼する

地方自治体では、屋根の雪下ろしを請け負う制度を導入しているところがあります。

特に、高齢者が多い地方自治体の場合、1シーズン1,000~5,000円程度で雪が降った際に雪下ろしをしてくれるところもあります。

雪止めネットを取り付ける

雪止めネットを軒部分に取り付けることにより、軒から雪が落ちにくくなります。屋根の上の雪は乗ったままになりますが、冬は晴れる日が多いので溶けていくので、問題はありません。

融雪システムの導入

屋根に融雪システムを取り付けることにより、電気などの光熱費を使って屋根の上の雪を溶かすことができます。特に降雪量が多い地域では、融雪システムの利用で屋根上の多くの雪の量を減らすことができるので、便利に利用している方も多くいます。

無落雪屋根にリフォームする

無落雪屋根というのは、文字通り屋根から雪が落ちない形の屋根です。種類は、以下が挙げられます。

ルーフダクト方式

ルーフダクト方式はフラットで平らな屋根であり、屋根に勾配を付けないことにより、屋根からの落雪を最小限にとどめることができます。小さい勾配がある屋根なので、雪解け水は勾配に沿って雨樋へと流れていきます。

スノーダクト方式

屋根の中央に排水ダクトを設置し、排水ダクトを通って雪解け水を流す形式の屋根です。この屋根の場合、通常の屋根の勾配と真逆になっています。そのため、地面へ落雪することを最小限にとどめます。

勾配屋根方式

雪止め金具を取り付けている屋根のことであり、一般的な屋根に対応することが可能です。
雪止め金具を取り付けるだけなので、低価格で導入することができます。
しかし、積雪量が多い豪雪地帯の場合、雪止め金具だけでは効果が出ない可能性もあります。

まとめ:屋根の雪下ろしは屋根に上がらずにできる方法を検討しよう!

 

屋根の雪下ろしというのは、想像以上に危険な作業です。

豪雪地帯の方は慣れており安易に考えている方もいるかもしれませんが、ケガや事故は急にやってきます。

思わぬ事故に巻き込まれないように、安全な屋根の雪下ろしとしましょう。

ポイントは、3つです。

  • 屋根の雪下ろしは素人が簡単にできそうに思えるがリスクがいっぱい!
  • 屋根の雪下ろし専門業者や地方自治体の制度を利用しよう!
  • 融雪システムや雪止めなどを使って屋根上の雪対策をしよう!

 

ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロです。

お問合せ
ホームページお問合せはこちらから“>

LINEはこちらから

インスタグラムも随時更新しています!!

インスタグラムはこちらから

 

10種類以上の外壁塗装・防水工事実績があります
埼玉・都内の工事施工実績はこちらから

無駄を省き、大事な手間を惜しまない工事を行います
工事のこだわりポイントはこちらから

徹底的な現場調査から工事後の巡回点検まで一貫してサポートします
外壁塗装工事のお問い合わせはこちらから

この記事を書いた人

ヤブ原産業 工事営業部 

ヤブ原産業株式会社 工事営業部 一級施工管理技士 本社のある川口市を中心に、関東のアパート、マンション、一戸建てオーナー様の為に改修・修繕・補修工事に汗を流しています。