未分類

屋根の重ね葺きは耐震性を低くさせて家が揺れやすくなる!理由徹底解説!

こんにちは、ヤブ原産業株式会社です。

今回は【屋根のカバー工法は耐震性を低くさせる!】家を揺れやすくさせる理由についてお話していきます。

・屋根のカバー工法って気になるんだけれど、デメリットってあるのかな?

・地震が多いから屋根のリフォームをして頑丈にしたいけれど、カバー工法は頑丈な屋根になるのかな?

という方に向けて、悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら【弊社ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロだから】です。
→埼玉・都内の防水工事の施工実績は改修工事.jpから

記事の前半では「屋根のカバー工法を行うと揺れやすい家になる」について解説しつつ、記事の後半では「屋根のカバー工法のデメリット」や「保険を使って工事ができない」について具体的に解説します。

 

大地震が多い中、建物を頑丈にしないといけないと思い、様々なリフォームを検討されている方は少なくありません。

屋根を頑丈にしたいとカバー工法を考えている方もいるようですが、カバー工法は屋根を頑丈にはしません。

ただ屋根が二重になるだけであり、デメリットが多いということを覚えておきましょう。

大地震に備えたリフォームには、向いていません。

この記事を読み終えることで、屋根のカバー工法とはどのような工事なのかがわかるだけではなく大地震には不向きの工法であることについても学ぶことができますよ。

大地震対策のリフォームで屋根のカバー工法を検討している方には、参考にしてほしい内容の記事です。

間違えた大地震対策をしないよう、ぜひ、最後までご覧くださいね。

屋根のカバー工法を行うと揺れやすい家になる

屋根が寿命を迎えており、屋根の工事を行わないといけないと思っている方もいると思います。
大地震が多い中、屋根工事をする際に目を向けるべき大事なポイントといえば、揺れにくい屋根にすることです。

1番やってはいけない屋根工事は、屋根の重ね葺きです。
おすすめできない理由は、屋根が二重になるので重くなるからです。
古い屋根の上に新しい屋根をかぶせるのが、屋根のカバー工法です。
新しい屋根の重量が加わる分、屋根の全体が重くなってしまいます。

屋根のカバー工法を行う事により耐震性が低くなるのは、多少のことと解説している記事も目にします。
しかし2024年元旦の大地震のことを考えると、少しでも耐震性を高くするということは大事ということがわかります。

屋根は建物の1番上にある部分であり、1番上が重い物に動きを与えると動きが止まるまで時間がかかってしまいます。
大地震が多い昨今、少しでも家に地震の影響を与えないためには、屋根のカバー工法はおすすめできません。

屋根のカバー工法のデメリット

屋根のカバー工法には、様々なデメリットがあります。
大地震に適していない他にも色々あるので、目を向けてみましょう。
屋根のカバー工法のデメリットを、以下にご紹介します。

古い屋根の上にかぶせて貼るので古い屋根の不具合はそのまま

屋根のカバー工法は、古い屋根の上にかぶせて貼る工法です。
そのため、古い屋根に発生している不具合は、そのままの状態で新しい屋根を上に葺く場合が大半です。

本来は、古い屋根に発生している不具合は、修正した後に新しい屋根をかぶせるべきです。
しかし、新品の屋根をかぶせるのだからと、古い屋根の不具合はそのままにして施工するケースは珍しいことではありません。

新しい屋根で新しく上からカバーしているので、古い屋根の不具合なんて何の影響も発生しないと思うかもしれません。
しかし、それは違います。
古い屋根に劣化などの不具合が発生している状態の上にカバー工法とした場合、今後屋根の中を丈夫な状態で維持ができるかといえば、そうではありません。

古い屋根の不具合により、屋根下地や小屋裏などの不具合が発生するようになり、耐震性が低くなってしまいます。
これらの意味からも、屋根のカバー工法は大きな地震が発生した場合、大きなダメージを受けてしまう可能性が考えられます。

部分的な補修ができない場合がある

古い屋根の上に新しい屋根を葺いているカバー工法は、カバーした新しい屋根の一部分の不具合が発生した場合、補修ができない場合があります。

カバー工法に使った屋根材や施工方法にもよりますが、部分補修ができない場合は、新しく屋根を葺き直ししないといけなくなる場合があります。
屋根というのは、部分的に劣化してしまうことがあります。
そのため、部分補修ができないかもしれないカバー工法というのは、良いようで良くない屋根工事といえます。

金属屋根にしか葺き替えができない

屋根のカバー工法は、使える屋根材料に制限があります。
金属系の屋根が大半であり、トタンやガルバリウム、アルミ屋根などとなります。
これらの屋根材は軽いので、カバー工法を行っても建物にプラスしてかかる重量は、あまり大きくはありません。
しかし、屋根が重くなってしまうのは、間違いない事です。

カバー工法を検討しているけれど金属屋根は好みではない方は、カバー工法には向いていません。

火災保険での施工はできない

最近は、火災保険を使って外壁や屋根のリフォームを行う方が増えています。
屋根のカバー工法のリフォームの場合、火災保険を使った施工はできません。

火災保険を使ってリフォームをするということは、災害で受けてしまった損傷を元に戻すことが条件です。
屋根のカバー工法は、新しい層が1つ増える工法なので、損傷を元に戻すという工事に該当しません。
そのため、火災保険を申請しても降りることはありません。

まとめ:大地震対策のリフォームには屋根カバー工法は適していない!

大地震のニュースをテレビで観ると、地震に備えたリフォームが必要と思い色々検討されていいる方がいます。

しかし、屋根のリフォームの場合は、カバー工法は適していません。

地震の際に揺れの度合いを大きくさせてしまうので、大きな被害へと発展させてしまう場合もあります。

そのため、絶対に行わないようにし、屋根が破損している場合は葺き替えを検討しましょう。

その際、軽い屋根材に葺き替えをすることによって、大地震を受けた際に揺れの度合いを低くすることができます。

ポイントは、3つです。

・屋根のカバー工法を行うと揺れやすい家になる!
・古い屋根をそのまにした影響で様々な不具合が発生して耐震性が低くなる!
・火災保険の対象にはならないので、カバー工法で屋根を修理したい場合は実費となる!

ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロです。

お問合せ
ホームページお問合せはこちらから“>

LINEはこちらから

インスタグラムも随時更新しています!!

インスタグラムはこちらから

 

10種類以上の外壁塗装・防水工事実績があります
埼玉・都内の工事施工実績はこちらから

無駄を省き、大事な手間を惜しまない工事を行います
工事のこだわりポイントはこちらから

徹底的な現場調査から工事後の巡回点検まで一貫してサポートします
外壁塗装工事のお問い合わせはこちらから&l

この記事を書いた人

ヤブ原産業 工事営業部 

ヤブ原産業株式会社 工事営業部 一級施工管理技士 本社のある川口市を中心に、関東のアパート、マンション、一戸建てオーナー様の為に改修・修繕・補修工事に汗を流しています。