建物を守るための対策

雨樋やカーポートが雹で破損!!火災保険が適用されるって本当?

こんにちは、ヤブ原産業株式会社です。

今回は【火災保険で雨どいやカーポートの修繕が可能!】雨どいやカーポートの修繕やリフォームの際に火災保険が適用されるのか?

また、目を向けるべきポイントなど、についてお話していきます。

・近年は雹が降ることが多いけれど、うちのカーポートが雹で破損してしまったらどうしよう。火災保険適用と聞いたけれど、本当かな?

・雹が降って雨どいが故障したんだけれど、火災保険を使って修繕できるかもしれないって、事実なの

という方に向けて、悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら【弊社ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロだから】です。
→埼玉・都内の防水工事の施工実績は改修工事.jpから

記事の前半では「雹の影響で雨どいやカーポートが破損した場合火災保険を使うことができる」について解説しつつ、記事の後半では「火災保険を受け取ることができる金額や、注意事項」について具体的に解説します。

 

年々異常気象が多くなり、雹が降ることも多くなってきました。雹は大きい粒なので、降ってしまと様々な被害を受けてしまいます。

雹で建物に被害を受けてしまった場合、仕方がないから自腹で修繕するという方が多くいます。しかし、火災保険の加入内容により、雹災にも保険金が下りることを覚えておきましょう。

雨どいやカーポートの雹による被害というのは、意外と大きな修繕費用となってしまう場合があります。その修理費用を捻出することは、簡単なことではありません。

せっかく火災保険に加入しているのであれば、雹災が該当するのかを調べて修繕費用に充てましょう。

この記事を読み終えることで、雨どいやカーポートの雹による災害の際に利用できるかもしれないことがわかるだけではありません。

事前対策ができることと、火災保険利用の際に把握しておくべき注意点やポイントなども学ぶことができますよ。

雨どいやカーポートの雹災に不安がある方は、ぜひ、最後までご覧くださいね。

雹の影響で雨どいやカーポートが破損した場合火災保険を使うことはできるのか

 

火災保険を使って、雹災害の保証はできます。そのため、雨どいやカーポートが雹で破損してしまった場合、ご加入の火災保険会社に連絡することで、保険金が下ります。

 

火災保険というのは、火災が発生した際に使えるとだけではありません。様々な災害が発生した際に使うことができる、実は便利な保険となっています。

 

しかし、ご加入の火災保険で、どこまでの被害に対して加入しているのかにより、雹災害補償を受けられるか否かは異なります。

 

火災保険加入の際に含まれている、若しくは選ぶことができる災害は、以下があります。

 

①火災、破裂、爆発、落雷

失火や延焼、ボヤなどの火災が発生した場合。または、ガス漏れによる破損や爆発による損害、落雷により損害

 

②風災、雹災、雪災

台風などの強風が発生した際に受けた損害が、発生した場合。雹やアラレが発生したことによる損害が、発生した場合。豪雪の際の雪の重みや雪の落下による事故や雪崩によって発生した損害。

 

③水災

台風や暴風雨、豪雨などの大雨による洪水や高潮、土砂崩れなどにより発生した損害。

 

④物体の落下や飛来、衝突

車が飛び込んできた場合や、飛び石が建物に当たった場合に生じた損害。

 

⑤盗難

家財の盗難や盗難を受けたことによる鍵や窓ガラスなどの建物の破損の保証

 

火災保険には、以上のような補償内容があります。また、他にも様々な補償をオプションで付けることができる火災保険もあります。

 

雹災の場合は、②の風災、雹災、雪災に該当します。ご加入の火災保険にて風災、雹災、雪災にも加入されている場合は、雹による雨どいやカーポートの破損に火災保険が適用します。そのため、雨どいやカーポートの修繕費用に、火災保険を使うことができます。

 

火災保険はいくら受け取ることができるのか

火災保険を使って雹災を保証してもらう際、どれくらいの保険金がもらえるのでしょうか。以下に、ご紹介いたします。

 

どのような流れで受取金額が決まるのか

火災保険にて受け取ることができる保険金というのは、火災保険を契約した際に定めた保険金額を上限として、実際にかかった修理の費用から自己負担をした金額を差し引きした、残りの金額となります。

 

自己負担額は、火災保険の保険証券に記載があるので、確認をしましょう。契約の内容によっては、免責金額を決めていまい場合もあります。

 

昔契約した火災保険の場合は条件が良くない場合もある

昔契約をした火災保険の場合、少しの損害の場合は火災保険の対象とならない場合があります。例えば損害額20万円未満の場合は火災保険の金額が支払われない場合が多く、20万円以上の場合に損害金額から免責金額を差し引きすることなく、全額を支払ってくれるというパターンもあります。その時代の火災保険の場合、雹災で20万円以下の修理費用の場合は、該当しない場合があります。

 

損害保険の他に臨時費用保険金が支払われるケースもある

火災保険の中には、損害保険金とは別に臨時費用保険金が支払いになる場合もあります。臨時費用保険金というのは、損害の際に他にかかった様々な費用も負担してくれる、助かる保険金です。

 

使い道に指定はないので、どんなことに使っても全く問題はありません。そのため、臨時費用保険金が支払われた場合は、受けとった方が好きなように使って構いません。

 

火災保険の契約をする際に、臨時保険金は含めるかどうか選択ができる場合があります。稟議費用保険金があることにより、雹災が発生した際に様々なことに役立てることができます。

 

臨時費用保険金の支払われる金額は、保険会社や契約内容。災害の内容により異なります。1回の事故あたり、損害補償金の10~30%になることが大半です。金額にすると、100~300万円程度です。

 

例えば。雹災にかかった修理費用が100万円の場合、自己負担金額は3万円で、臨時費用保険金が損害保険金の10%の契約になっているケースで解説します。この場合、修理費用100万円から免責費用3万円を差し引きした97万が損害保険金となり、臨費用保険金は損害保険金の10%なので、97万円×10%=97,000円の支払いとなります。

 

雹災で火災保険を使う際の注意点

雹災で火災保険を使う場合には、以下の注意点があります。

 

雹災に該当している火災保険ではないと該当しない

雹災なので、雹災にも加入となっている火災保険に入っていないと、保険金はおりません。ご契約の火災保険の内容を保険証券で確認し、雹災は該当となるのかを確かめましょう。わかりにくい場合は、ご加入の火災保険会社にと言わせることにより、調べて教えてくれます。

 

雹災による被害が原因であること

ご加入の火災保険で雹災にも入っている場合は、雹災での雨どいやカーポートの被害にし、保険金が下ります。しかし、あくまで雹災によって雨どいやカーポートが破損したのみ、該当となります。

 

火災保険の申請の際には、被害の状況が明確にわかる写真が必要となります。写真を用意できないと、火災保険で雹災を賄うことはできません。

 

例えば、雹が降ったことでカーポートが凹んでいる写真や、雹が降ったことにより雨どいが破損している写真です。写真撮影は簡単ではないので、雹が降ったら即写真を撮影することをおすすめします。

 

写真の提出により雹災と認められない場合、自然災害と認めてもらえません。経年劣化や施工不良と判断されてしまうので、補償の対象から外れてしまいます。

 

雹にて破損をしてから3年以内に申請をしないといけない

火災保険を適用させたい場合は、破損事故があってから3年以内に申請をしないと無効となってしまいます。火災保険の証書に記載があり、破損被害を受けてから3年以内と記載があります。

 

また、既に雹災によるリフォームを終了している場合でも、破損してから3年以内であれば、火災保険の対象となります。

 

3年間の猶予があることを把握しておらず、過去のことだから申請してもしょうがないと、火災保険に被害の申請をしない方がいます。しかし、破損から3年間は有効期間なので、破損時期を確認して、申請範囲なのか否かを確認しましょう。申請期間なら、すぐに申請をしましょう。

 

 

まとめ:雹の影響で雨どいやカーポートが破損の場合火災保険利用可能!

雨どいやカーポートが雹により破損をしてしまった場合、ご加入の火災保険で雹災に加入している場合は、火災保険を使って修繕をしましょう。

火災保険を使って修繕することで、高額な修繕費用を抑えることができます。

雹災により雨どいやカーポートが破損した場合、業者にチェックしてもらうこで火災保険を利用できるのか否かがわかります。

特に近年火災保険に加入している方は、雹災も対応している火災保険の場合は多くあります。雹災に備えて現在加入の火災保険の内容をチェックして、雹の災害でも火災保険が適用になるのかを、事前に調べておくこともおしすめします。雹災は以前と比較すると増えてきているので、雹災を含めた火災保険は必須といえます。

ポイントは、3つです。

・雹による雨どいやカーポートの破損は火災保険で修理費用をまかなうことができる場合がある
・ご加入の火災保険に雹災が入っているか否かわからない場合は、ご加入の火災保険会社に問い合わせてみる
・雹災による破損や被害の場合は、その状況がわかる写真をわかりやすく撮影して提出しないといけない
ヤブ原産業株式会社は、建築仕上材・改修材メーカーとして50年超の実績があり、建物を長持ちさせる改修工事のプロです。

10種類以上の外壁塗装・防水工事実績があります
埼玉・都内の工事施工実績はこちらから

無駄を省き、大事な手間を惜しまない工事を行います
工事のこだわりポイントはこちらから

徹底的な現場調査から工事後の巡回点検まで一貫してサポートします
外壁塗装工事のお問い合わせはこちらから&l

この記事を書いた人

ヤブ原産業 工事営業部 

ヤブ原産業株式会社 工事営業部 一級施工管理技士 本社のある川口市を中心に、関東のアパート、マンション、一戸建てオーナー様の為に改修・修繕・補修工事に汗を流しています。